現在位置:
Biz NISSAN ホーム
特集・イベント
NV200タクシー
導入企業の声 近江タクシー

NV200 バネット タクシーで新規市場をを切り拓く近江タクシー株式会社

NV200 バネット タクシーで新規市場をを切り拓く 近江タクシー株式会社

PDFダウンロード"

会社プロフィール

  • 近江タクシー株式会社
  • 滋賀県
  • 納車:2011年08月

  • 車種:NV200 バネット タクシー
  • ボディカラー:黒
  • 保有台数:11台

国内最多、11台のNV200 バネット タクシーを導入した理由とは

滋賀県内全域に営業拠点をもつ近江タクシー株式会社は、2011年12月現在、国内最多となる11台のNV200 バネット タクシーを運行しており、今後も追加で4台を導入予定だという。発売間もないタクシーを、なぜここまで導入したのか。代表取締役社長の横幕信一郎さんに話を聞いた。

「導入理由は大きく3つあります。1つは、一般タクシーとしても介護タクシーとしても使える点です。当社はこれまでも福祉用のリフトタクシーを持っていましたが、車椅子のお客様や関係団体から、普通に一般タクシーと同じように利用したいという声を多くお聞きしていながら、そのご希望にお応えすることができませんでした。そのため、予約が入るとセダンで営業していたドライバーが一旦事務所に戻り、リフトタクシーに乗り換えるという大幅な時間のロスが発生していました。しかし、一般のお客様にもご乗車いただけるNV200 バネット タクシーであれば、乗り換えの手間がないので、1台ですべてに対応できて便利です。ドライバーの高齢化も進んでますから、車椅子でもそのままお乗りいただけ、荷物の出し入れもしやすいタクシーがいいんですよね。」

さらに横幕さんは続ける。
「2つ目の理由は、荷物がたくさん入ることです。滋賀県は大学が多く、先生方が大きなスーツケースを抱えて海外に出張されることが多い。また、彦根城とその周辺では時代劇の撮影が多く、撮影機材用に大きな車をまわしてほしいという問い合わせもあるのですが、そういった要望にもきめ細かく対応できるのがいいですね。そして3つ目は、観光ハイヤーとして活用できる点です。この地域は観光エリアですから。乗り降りが楽で、ワンボックスで背が高いから、景色もよく見られるというメリットがありますね。」

従来、この3点は近江タクシーの課題だったという。しかし、今年2月のNV200 バネット タクシーの試乗会で、横幕さん自身が実物を見て乗って、これなら課題をすべて解決できると思い、すべての営業所での導入を決定した。

広々としたラゲッジスペース 広々としたラゲッジスペース

導入して見えてきた新たなニーズと可能性

NV200 バネット タクシー

多くのメリットを感じて導入を決めたNV200 バネット タクシーだが、導入後は意外なところで顧客を獲得しているのだと、彦根営業所支配人の山本克巳さんが教えてくれた。

「彦根市の福祉サービスに使う車両の入札で、NV200 バネット タクシーの使用を提案したところ、見事年間契約を獲得しました。」
隣町でも、来年度はNV200 バネット タクシーを使いたいと打診があり、行政の注目度はますます高まっている。また、ブライダルの需要もあるという。
「和装でもカツラのまま乗り降りができるため、ボンネットと両サイドに寿のマークをつけて、ブライダルカーとしても使いはじめたんです。」

さまざまなシーンで大活躍のNV200 バネット タクシーに、山本さんは手応えを感じている。

福祉だけではなく様々なシーンで活躍 福祉だけではなく様々なシーンで活躍

ドライバーにも、ご高齢者のお客様にも喜ばれる魅力的な室内空間

経営面では好評価だが、ドライバーの評価はどうなのか?4ヶ月前よりNV200 バネット タクシーの乗務担当となったドライバーの清川直人さんは、運転はセダンよりも楽だと笑って答えてくれた。

「タクシードライバーは長時間勤務なんでさすがにしんどくなるんですが、セダンに乗っていた頃と比べて疲れ方が変わりました。車高があって視界が広いので、遠くがよく見渡せて運転が楽なんですね。雨の日や夜は特に違うなと思います。以前に比べて疲れも感じません。」

また、お客様の反応もなかなかいいという。
「エンジン音が静かだと言われますね。縦揺れも従来の福祉車両に比べて少ないようです。乗っていただいてはじめて『これは楽やなぁ』と実感されるご高齢の方は多いですね。座席がフラットで腰が沈み込まないので乗りやすいみたいです。足下が広いのもゆったり感があっていいですし。最近はNV200 バネット タクシーで来てくれと指名されるお客様も増えています。利用者は1割が福祉関係、残りは一般のお客様ですね。」

彦根市にはアメリカのミシガン州立大学の施設があり、外国人のお客様も多いというが、体の大きな外国人を乗せても全然狭く感じず、大変喜ばれているという。

ドライバー 清川直人さん ドライバー 清川直人さん

新たな事業をNV200バネット タクシーで

NV200 バネット タクシーの導入には、会社のブランド力アップのための先行投資の一面もあると横幕さんはいう。

「これからやってくる少子高齢化時代に備えて、我々はご高齢の方と子育てをタクシーで支援できる事業を考えていかなければなりませんが、その中でNV200 バネット タクシーの果たす役割は大きいと思います。また、観光ハイヤーとしてももっとPRしていきたい。大手旅行代理店にもNV200 バネット タクシーのポテンシャル、使い勝手を是非知っていただきたいです。」

近江タクシーの新たな市場開拓は、NV200 バネット タクシーの導入でさらに加速しそうだ。

代表取締役社長 横幕信一郎さん 代表取締役社長 横幕信一郎さん